上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小職、上海から大阪へ帰任したのは昨年10月末。
ですから帰任前の最後の旅が、中国版GW・10月初旬の「国慶節」に行ったマレーシアKK旅行だったわけです。

マレーシア国際空港は、クアラルン市内まで約1時間を要する遠方にありました。ガイドブックを見てマレー行きの機中でそれに気付いた小職は、急遽Mと行程を練り直し・・・。毎度こんなモンです、小職の旅は。
そして決定した行程の概要は・・「マレーシア着→マラッカ→クアラルンプール→サバ(コタキナバル)→上海戻」ってな所でした。

急遽行く事にしたマラッカは、一か八かの賭けでした。ガイドでは然程でもない雰囲気でしたが、有名な海峡がある事で様々モノが通過し、融合調和された都市のはず・・・と思い込んで勘を頼りにレッツゴー。

旅を終え今想ふこと・・、マラッカ最高!!
見所満載・人柄良好・料理極美味などなど、想い出は尽きません。

紹介したいことがたくさんありますが、今日のところは先ずこれを。

マレーシアは華僑が多く、中国語が話せれば何の支障も無い!とよく聞いていましたが、実際、街の到る所に中国語の看板が掲げられており、中国語が溢れていました。
でも街の散策を始めて直ぐに2人が引っ掛かった単語がありました。
それは・・『馬六甲』。
どう考えても聞いたこと無いし、中国語発音から考えても該当する単語は思いつかず、2人して頭をヒネるばかりでした。
きっとこの単語には何かのキーポイントが隠されているはず!という想いが、2人の間で確信に近づいた時でした。。

見上げればそこには「ジム(GYM)」が・・。

*マレージム*
20060115231432.jpg


存在感ありますよね。この看板は。

そして冷静に見つめ直すと・・

*一世を風靡した男*
20060115231643.jpg


あなたはもしかして・・高橋名人!!??
似てませんか??
16連射のブームが去り、20連射目指して特訓した結果ベクトルが変わってしまったのか!?
はたまた、「高橋名人の冒険島」のゴールがここだったのか!?
笑ってしまいました。

でも!!ここであの謎が解けたのです。
看板の高橋名人にばかり気を取られ見過ごす所でしたが、その下を見ると

*高橋名人の正体*
20060115232122.jpg


彼の正体は、なんと『馬六甲先生』!! 驚愕。
英訳を見るとそこには『MR.MELAKA』の文字が!!

馬六甲=マラッカだったんですね。
そして彼は、マラッカを代表するマラッカさん。


旅先で出会うささいな問題・・、それは旅先で味わう『感動』の水先案内人なのです。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://uepon.blog16.fc2.com/tb.php/89-bd29bd88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。