上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京で北京ダックを食しました。
本場での初ダック。そりゃまぁ美味かった。
でも、
人間ってこんなに笑えるんですね。
ホントに美味くて嬉しかったんだと、我ながら感心した。。

*会心の初ダック*
20050828045718.jpg

あまりに騒々しく、周りの中国人も霞む勢いだった。
写真撮りまくって、服務員も大爆笑!でした。
スポンサーサイト
さぁ、第一回チキチキウエポンを探せ!! in 万里の長城です。
日本でも行われたことない企画が、超豪華に万里の長城編で初アップ。
さぁ、貴方は見つけられるか?その違いを!!?
間違いは唯1つだー!!


*その①*
20050828051544.jpg


*その②*
20050828051404.jpg


これも所詮は自己満足でしょうか?by31歳
海南島に空港は2ヶ所。
海口と三亜ですが、一般的なビーチリゾートは三亜なんでこっちの利用客の方が多いでしょう。
そこからホテルまでタクシーでぶっ飛んでる最中に撮影。
南の島で撮る写真って、何で時を経てもアツいんだろう?
もの凄く暑い夏を思い出しますが、撮った本人だからなの?
旅行ってヨイよね、そんな気分ですっ。

*一本道*
20050828044345.jpg

海南島といえば何でしょう?
いろいろとあるけれど、美味しい果物も重要な海南名物でしょう。
こんな所でバイトするのも良いのでは?
スイカ、甘~いスイカいらんかね?

*スイカ売りのオヤジ*
20050828043936.jpg

何だかシアワセな気分でした
カテゴリとは全く無関係ですが。

*あの頃の夢*
20050828043602.jpg

それは体操選手?今となっては思い出せない思い出でした。
2005.08.28 上海の風景
最近では上海生活もダレダレになってしまいましたが、昔は見るもの全てが新鮮でした。日本で培われた常識からは想像も出来ないことが日常に溢れていました。
写真を見返していると、当時興奮した自分の気持ちがリアルに思い返されました。
その中から何枚かをピックアップ。面白ければ幸いです。


*売る気の無いオヤジ*


そりゃまぁ~睡魔にはかなわんわな・・。


*隕石at植物園*
20050828040529.jpg

何の臆面も無く隕石と断言!!さすがです、中国。


*バランスオヤジ*

20050828041314.jpg

何故わざわざそこなのか?寝ながら背筋マッサージなのか!?

上海に住み始め早4年弱。昔は青い空が多かった気がします。
最近では曇り勝ち・・、やはりスモッグの影響でしょうか?
この写真は2002年6月撮影だったと思います。その日は運良く軽い夕立があり、金貿大厦(タワー)から下界を臨んだ際は全てがクリアーでした。なかなか撮れない写真では?と自己満足な一枚です。

*下界*


2005.08.28 上海の夕焼け
日曜の夕方はルーティンのバスケットの練習があります。
家からタクシーに乗り上海日本人学校まで行きます。
途中高架道路を走りますが、その日は夕焼けがなんとも綺麗でした。
爆走するタクシーからパチッと一枚、ただそれだけです。

*ある日の夕焼け*
20050817215849.jpg

上海に限らず中国全般にいえることですが、街行けば目にする風景があります。
それは晴天であればあるほど目にする可能性が高まります。
どうぞ!!

*その1*



そう、洗濯物です。
これが天下の国際都市上海の現実。文明社会の真実がここにあります。
よく絞られたのは構わんが、非力なおばあちゃんが洗濯した場合、水滴が落ちてくることもあるので要注意。
また、真っ赤なゴムの伸びきったパンツ(性別不詳)をおっぴろげに干す場合が多々あり。
下着は赤色が人気なのでしょう。(小職リサーチ)


*その2*
20050817214127.jpg


なんとも存在感のデカい洗濯物です~。
洗濯モノはただ干されるに在らズ!!という意気込みが伝わりそうな1枚でした。
どうぞご堪能下さい。
勇気を振り絞って撮ったタイ産トップレス第2弾です。

*ナチュラルビューティー*




まるで鏡餅ですね(小職談)
どこにでもいる、おのぼりさんの図です。
とりあえず撮ってみたら、想像以上にスタイルが良かったので紹介する事にしました。
各関節のシャープネスに、小職は自己満足であります。

*バンコク王宮にて*
20050817020118.jpg

カテゴリーで申しますと『中国東北の旅』ですが、この旅の最終目的地は『華北』地区遼寧省『大連』でありました。
日系企業も多く進出しており、生活面も好感度(小職基準)の高い都市です。有名な観光地は『旅順・301高地』といった所でしょう・・。

・・ってな事で、小職にとって最も印象深かった『海鮮料理』をご紹介!!

*走るウニ*
20050817014113.jpg


写真左下、そう『ウニ殿』です。
幼少の頃は食べず嫌いで箸もつけなかったウニですが、社会人になって後、その美味に気付きました。
それはそうと、今回のウニ殿は真っ二つに切っただけなので、まだ活きており皿から逃げようとしてました。
そんな彼を追いかけ、スプーンでザックリ救ってあげて後わさび醤油で食す!!
あ~美味しかったな。。
よく考えれば、今でも出張でよく行く場所だからいつでも食べれるんだけどね。
留学中に観た「雑技ネタ」からおひとつ。

十数回観に行った雑技ですが、約3分の1位の確立で見れたのが下記。

*三人バランス*
20050813025427.jpg


正式な演目名知らないので勝手に三人バランスとしましたが、このポーズは序章に過ぎません!
あれよあれよという間に、有り得ない「まぐわり方」をします、彼らは。
それにしても素晴らしい肉体美!!
手前両サイドからのライトアップな感じが、汗ばみ光る肉体美をより強調しれくれています。。
2005.08.11 GANTAのKISS
カテゴリーが沖縄旅行なのに、一見何の関係もありません。
旅の同志、GANTAは欲求不満だったのでしょうか・・?

*Chu!!*
DSCF3012.jpg

2002年6月末。
6月末と言っても、その日の北京は38~40℃近い真夏日でした。
初北京なので、典型的な観光名所はとりあえず押えました。
そんな中やはりメインは「万里の長城」でしょう!!
綺麗な写真がたくさんあるので、そちらを紹介したい気持ちを抑えつつ、先ずはおば様の写真をご覧頂きたく。

*ネグリジェおば様*
DSCF0083.jpg


目のやり場に困りませんか?
何から何まで丸見え!!です。これ以上は無い程のダラシナサを感じました。
おしゃれなら良いのでしょうが、このおば様は違います。暑いだけ、ただそれだけです。だってファスナーもあがってないし・・、この年代の方がお好きな体育館シューズみたいの履いて、且つかかとを踏み潰してるし・・。
本人が恥ずかしくないんだからそれまでですが、小職的には一言モノ申したい気分でした。
日本の大学では体育会系クラブに骨を埋めておりました。
少しでも上手くなる・・試合に出る為、全ての時間を練習に費やしていた気がします。少々大袈裟ですが、そんなクラブ中心の学生生活だったので、自分が思い描いていた華やかなそれとは大分違っていた気がします。
そして社会人となり、派遣された中国での学生生活はどうだったでしょう?
そんなある日の放課後です。
授業は殆ど午前中で終了なので、皆でこれからランチにでも向かうんでしょうね。懐かしい限りです。

*放課後の集い*
20050808021721.jpg

デジカメで手軽に写真撮れるようになってから、モノクロってやっぱりいいな~って思うようになりました。
上海の街をモノクロで覗くと、ゴミ・チリが紛れてより美しく見えるのは小職だけでしょうか。。

*南京路*
20050808020305.jpg


当時この写真を撮った「南京路×西蔵路」の歩道橋は、現在既に取り壊された為、もうこのアングルでは撮れません。
『GANTA』なる旅の同志がおりました。

今後紹介していく内容に、彼が頻繁に顔を出すかもしれません。

今回の主役はまさに彼。

小職の写真の撮り方にもよりましたが、2人のコラボがベストショットを生みました。

世界のへそ・エアーズロックこと『ウルル(正式名称)』がハンバーガーの様です。

*固唾を呑んだ瞬間*
DSCF20882.jpg



各観光名所で恒例化した「お決まりポーズ」ってありますよね?
これってお決まりなんでしょうか・・?
2人の間では、かなり斬新なアイデアだったと舞い上がりました。
まあしかし、世の中上には上がいるんでしょうね・・。
Let’s チャレンジ!!
アボリジニーを探せ!!




*聖地*
DSCF10551.jpg





残念ながら、小職も探し出すことできず・・。
中国のハワイ、海南島にて。
迫り来る波と逃げる小職。
サラリーマンとしての遅すぎた青春。
もう3年も前なんですね・・。

*海南の夏*
DSC00732.jpg

2005.08.04 激写!!
どうぞご堪能下さい。勇気を振り絞り激写!!

*トップレスinプーケット*
DSCF1038.jpg


素敵!!
なんかカッコ良いですよね。
生まれて初めて公共の場でトップレスを経験。
我が人生に感謝!!な ある日でした。
はい、ホモの巣窟プーケット島に到着です。

確かに海は最高だしリゾート気分満載なんですが、初日の夕方にいきなりインパクトあるイベントに遭遇しました。

所謂ホモBARみたいのがたくさんあるんですか?プーケットには??

店を代表するSexy Beast達が、踊り狂いウインクし投げチュウし絶叫しながら大行進するんです。延々と。
呆れ果ててただただ眺めてますと、店ごとの行進がようやく終了し、今度は何故か国ごとになりました。

「見えた!!」
ゆっくり日本代表が現れます。
手には当然『JAPAN』のプラカード。
遠き異国のビーチリゾートで愛国心は絶頂だ!!

*THE・ジャパン*
DSCF0256.jpg













『日本人じゃないー!!』

ネタ振り長かったですが、
小職は日本代表を応援しますっ!!
沖縄旅行に行ったとある日、小職は竹富島におりました。
SUNSUN溢れる太陽の下、レンタサイクルで島中を走り、ある海岸に到着。
名前は忘れたけど、確か星の砂で有名な海岸でした。
ふと木陰を覗くと、お昼寝中の猫が!?
なんともカワいらしいお姿。シャッターの音に反応することも無く、スヤスヤとのんびりした午後をお過ごしでした。
小職にとっては「癒し系」なひとコマでした。。

*お昼寝タイム*
DSCF0048.jpg



海岸で遊んだ後は腹ごしらえです。
名物のソーキそばに挑戦!!


*高速ソーキ*
DSCF00641.jpg


美味しそうかどうかはともかく、「チュルッ!!」という刺激音が聞こえてきそうではありませんか?
旅先でご当地料理食べるって、小職にとっては何よりも至高の贅沢である!!
・・と思ったあの日の沖縄でした。。
小職が旅行をする際のお供は、たいてい「地球の歩き方」です。
ホント良くお世話になっておりますし、今後共よろしくお願いします。
今から紹介する場所もお世話になったわけで。

不良犬に続きタイでのひとコマ。タイ第2の都市『チェンマイ』です。
いろんな都市に行きましたが、最も印象深い場所の1つで、なんせいろんな楽しみが凝縮された都市でして、陳腐な表現ですがおもちゃ箱のようでした。
ツアー参加は基本的にBoo!!の為、レンタルバイク(スーパーカブ)で郊外散策しました。目的地は『ルン・アルン温泉』だった(?)と思う。
2輪ドライブを1時間強楽しんで到着。
天然温泉・天然サウナなどが溢れんばかりの自然の中で楽しめたけど、一番の想い出は『泥エステ』ですね。

*ハイ・テンション・エステリアン*
DSCF0161.jpg



初体験にただでさえ興奮してるのに、追い討ちをかけるように登場したオーナーが・・これまた興奮に輪をかけてくれた訳です!!
そんなオーナーはこちら
   ↓
DSCF0162.jpg


至極普通のホモちんですわ。。
アジアンテイストたっぷりの男2人組に、オーナーは終始ご機嫌。
快く記念撮影に応じてくれました。

店の女性服務員に、ジェスチャーで「奴はモーホー??」と尋ねたら、頬を赤らめ小さく「Ye~s」と。。カワいく回答。

ホモの巣窟&タイ最大のリゾートである「プーケット」上陸前に拝んだ、タイ初ホモでした。
先ずは↓クリックして拡大写真を。
DSCF0023.jpg


動物らしからぬ、このふてぶてしさ!!
まぁ暑かったから気晴らしも必要だったんでしょう、犬とはいえ。。
だって真夏のタイ@バンコクだもの。。

ちなみに、これ絶対「やらせ」ではございません。
小職サラリーマン故に出張がルーティンでございます。
カテゴリは上海ライフですが、今回は青島出張中に起こったガックリ話です。
小職そんなにアイスクリームは食べません。最近ではホント滅多に口にしないのですが、青島出張したその日は春先にも関らず、超のつく快晴でした。
道端の屋台系はたいがい無視する小職ですが、偶然目に付いたアイス・・それがなんと『チョコバリ』だったのです!!
皆さんご存知、アイスの代表格チョコバリです。パッケージも昔ながらのデザインでさぞかし美味そう!!2RMB(約25\)で購入し早速食べようとするとですな~、、、
↓クリックどうぞ。
DSC00168.jpg


『バリ少なっ!!』といった具合です。
こんなの中国じゃ日常茶飯事ですが、久々にグレイトな衝撃受けました。
ここまでつっこみ所満載だと、逆に素晴らしいな。
・100%美味はよいとして「きゅうかん」て何ぞや?
・その上よく見りゃ「健康ふうみ」ですって!?
・アイスなのに「天然食物繊維」入り!!
・中文商品名→その名も「砂漠の星」。微妙にハートをあしらって・・

どーですか?このパッケージ見て中身これなら悲しいでしょ?
あと写真じゃ判りませんが、ヴァニラがやや気味がかり、精製にパンチ不足感じました。
故にお味のほうもバナナアイスのイメージ。

中国在住4年弱、まだまだ何事も経験なようで・・。
今回は初めてお届けする『上海雑技』ネタでございます。
動物園なんて比じゃなく何回見たことか!!
・・でも楽しんで見てるワケで。。
その魅力とは何ぞや??
人によって異なるんでしょうが、自分のツボにツボっちゃうのがありますよね、誰にでも?
かけてるワケではごぜーませんが、小職のツボ!その名は『壺男』!!

*ウルトラミラクル壺男*
DSCF0059.jpg


あえてこの写真で止めます。だって皆にも楽しんでもらいたいから。

1つだけお願いがあります。
最後に彼がお辞儀をする際に、頭髪を見逃さないで。。
ウルトラミラクルな壺ラウンド・壺キャッチ・壺スライド等の美技の代償として、彼は頂上部がハゲてしまったのです。
胸を張って下さい、壺男!見せ付けろプロの証!!
『カッコいいー!!』
・・そんな壺男でした。

【注意】プログラムの都合上ご覧頂けない場合がございます。数打ちゃあたります。
【事実】上海に動物園は2つ。
【本音】アテンドで何度訪問したことか。。
【ミソ】その内パンダが見れるのは1ヶ所で、それが上海野生動物園。
【参考】中国語でパンダは「熊猫(Xiong Mao)」
【落胆】パンダって意外に汚れててみすぼらしかったりする。。
【リアル】

*その1~パンダの寝顔~*
DSCF0046.jpg

やっぱカワイイね、パンダ。知り合いにトントンってあだ名の彼がいて思い出した。ちなみに本名は東(アズマ)君。中国語の発音がトンに似てるんだな。。

*その2~園内闊歩のゾウ~*
DSCF0025.jpg

こりゃたまげましたね、えー、普通にすれ違ってしまいました。
さすがは野生動物園!!やってくれます。
雲南省の旅より。
今でも印象深かった街の1つとして、『麗江』を挙げれます。
少数民族のるつぼ・雲南省を代表する街ですが、至る所で青い民族衣装が特徴の『ナシ族』を見ることが出来ます。
山間にある村で、そのナシ族のおばあちゃん達と交流しました・・、といっても方言が強いので言葉は全く聞き取れず。
ゼスチャーとカメラパフォーマンスでカメラ目線をゲットしました。

*不動のあばあちゃん*

DSCF0148.jpg


みなさん、何歳くらいなんでしょう?
右から2人目が最もインパクトあって、コントの格好かと思った。
おばあちゃんの目に、果たして自分はどう映っているんでしょう??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。