上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.19 ゆかいな看板
少林寺で有名な落陽を旅行した時の出来事。
ある公園で干上がった池がありました。

*注意水深危険*
DSCF0030.jpg


そりゃちがうよ、キケンじゃないよ、それほど。
漢字だから余計にイメージ堅くなるんですかね?
スポンサーサイト
2001年秋~
東北旅行(ハルピン→長春→瀋陽→丹東→大連)も終わりに近づき、大連の空港に到着。。
当時、大連上海間には何故か海南航空が飛んで(今もある?)ましたが、中国ローカル航空会社の中でも、この海南航空は小職のお気に入りランキング上位に位置します。
乗務員が落ち着いていて接客も丁寧で、何よりユニフォームが素敵だからです。。

*海南スッチー*
20061017004225.jpg


その他、上海航空・山東航空・アモイ航空なんかもひいきにしてますね。
遠き中国東北の大地にて。
自分・家族・全てを偲んで・・・。

*偲ぶ*



などと云うほど意味のある写真ではありませんっ。。
カテゴリーで申しますと『中国東北の旅』ですが、この旅の最終目的地は『華北』地区遼寧省『大連』でありました。
日系企業も多く進出しており、生活面も好感度(小職基準)の高い都市です。有名な観光地は『旅順・301高地』といった所でしょう・・。

・・ってな事で、小職にとって最も印象深かった『海鮮料理』をご紹介!!

*走るウニ*
20050817014113.jpg


写真左下、そう『ウニ殿』です。
幼少の頃は食べず嫌いで箸もつけなかったウニですが、社会人になって後、その美味に気付きました。
それはそうと、今回のウニ殿は真っ二つに切っただけなので、まだ活きており皿から逃げようとしてました。
そんな彼を追いかけ、スプーンでザックリ救ってあげて後わさび醤油で食す!!
あ~美味しかったな。。
よく考えれば、今でも出張でよく行く場所だからいつでも食べれるんだけどね。
中国は結構多くの場所を訪れましたが、東北地方への旅は留学開始直後の国慶節でした。
ハルピン→長春→瀋陽→丹東→大連というルートで、今回ピックするのは
「北朝鮮と接する街・丹東」です。
ここを訪れる日本人は多いことでしょう。小さな街で一番有名な観光名所は「鴨緑江断橋」ですが、ここでボートに乗って北朝鮮側へ近づけるわけです。

*鴨緑江断橋の全景*
DSCF0180.jpg

 後ろに見えるのがそのボート。

*ボートから北朝鮮を臨む*
20050716203147.jpg

 おや?観覧車らしきモノが・・。

*観覧車の真実*
DSCF0181.jpg

 噂には聞いてましたが、まさかホントにハリボテ!?

*今晩の夕食*
DSCF0163.jpg

 この方は温和に釣り。他の方はカメラ見てペットボトル片手に激怒でした・・。

北朝鮮というニュースの画面でしか感じれなかった場所が、今自分の前に!!という最高潮の興奮を味わい丹東の街を去るのでした。。

*最高の興奮をありがとう*
20050716203933.jpg


そう言えば・・、有名な観光場所として「万里の長城」最東端があったような・・。また何時の日か!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。