上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントにて突っ込み頂いたので、キャラクター紹介もさせて頂きます。
何気に普通な感じで、物足りなさを感じられたならご容赦下さい。
体格はややカーネル入ってます!?

鳥インフルエンザは客足に影響してないだろうか・・?

*待望のキャラ紹介*


スポンサーサイト
最近ややブームは過ぎた感ありますが、それでも中国に関する報道や記事は絶えませんね。
創造的な模倣でも紹介したように、中国にはこれまで育んだ感覚で臨むと「唖然」とさせられることが、やはり存在すると思います。

そこで今回紹介するのはこちら。
  ↓
*麦肯基*



何の変哲もないただファーストフードです。
・・が、しかし!
中国語を話す人ならピンと来たはず。

こちらのお店の名前は「何か」と「何か」がミックスされてる気がします。
そう!!
それは『マクドナルド』&『ケンタッキー』です!!
世界的にも名高い2大チェーンのビッグコラボ!!ですかぁ~っ!?

中国語(*数字はピンイン)ですと、
マクドナルドは『麦当労(Mai4 Dang1 Lao2)』。
ケンタッキーは『肯徳基(Kan3 De2 Ji1)』。

だれがどう考えたって意識して引用してますよね。

この写真は北京の万里の長城付近で撮影しましたが、その後天津に駐在していた同僚に確認した所、この店は北京天津エリアで結構な展開を図っているビッグチェーンらしい・・。

Mac&KFCには無い「新境地」創造・・なんて具合で正当化され、意外に人気があったりするのかなぁ~。
この類の結末って、要するにただ「安い」だけなのがオチと思う・・。
消費者は面子があって、安値選んでるだけ・・って思われたくなく「新境地」で自分と店を正当化。
店はその原理を利用して「安値」を設定→意地でも販売好調を追求或いは誇大広告(??)・・・。
少々偏見あるかもしれませんが、無くは無い思想&行動原理だと小職は考えております。

中国で事を成すには『面子』の捉え方が大切ですね。
北京で北京ダックを食しました。
本場での初ダック。そりゃまぁ美味かった。
でも、
人間ってこんなに笑えるんですね。
ホントに美味くて嬉しかったんだと、我ながら感心した。。

*会心の初ダック*
20050828045718.jpg

あまりに騒々しく、周りの中国人も霞む勢いだった。
写真撮りまくって、服務員も大爆笑!でした。
さぁ、第一回チキチキウエポンを探せ!! in 万里の長城です。
日本でも行われたことない企画が、超豪華に万里の長城編で初アップ。
さぁ、貴方は見つけられるか?その違いを!!?
間違いは唯1つだー!!


*その①*
20050828051544.jpg


*その②*
20050828051404.jpg


これも所詮は自己満足でしょうか?by31歳
2002年6月末。
6月末と言っても、その日の北京は38~40℃近い真夏日でした。
初北京なので、典型的な観光名所はとりあえず押えました。
そんな中やはりメインは「万里の長城」でしょう!!
綺麗な写真がたくさんあるので、そちらを紹介したい気持ちを抑えつつ、先ずはおば様の写真をご覧頂きたく。

*ネグリジェおば様*
DSCF0083.jpg


目のやり場に困りませんか?
何から何まで丸見え!!です。これ以上は無い程のダラシナサを感じました。
おしゃれなら良いのでしょうが、このおば様は違います。暑いだけ、ただそれだけです。だってファスナーもあがってないし・・、この年代の方がお好きな体育館シューズみたいの履いて、且つかかとを踏み潰してるし・・。
本人が恥ずかしくないんだからそれまでですが、小職的には一言モノ申したい気分でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。